開幕から不振が続くインテルに監督交代の動きが出てきているようだ。イタリア『コッリエレ・デッラ・セーラ』が報じている。

新シーズン開幕直前にロベルト・マンチーニ前監督の退任を受けて、急きょインテルの新指揮官に就任したフランク・デ・ブール監督だが、就任以降の公式戦10試合で3勝2分け5敗と低調な戦いが続く。また、現在チームは3連敗中と泥沼の状態に陥っている。

この成績不振を受けて、クラブ幹部は20日に行われるヨーロッパリーグ(EL)のサウサンプトン戦の結果次第でデ・ブール監督の解任を考慮しているようだ。

『コッリエレ・デッラ・セーラ』の伝えるところによれば、インテルはデ・ブール監督の後任候補として、前ローマ監督のルディ・ガルシア氏、ユベントスやレアル・マドリー、イングランド代表などの監督を歴任したファビオ・カペッロ氏、前ラツィオのステファノ・ピオリ氏、先日スウォンジーを解任されたフランチェスコ・グイドリン氏をリストアップしているようだ。