マンチェスター・ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督が、20日に行われるヨーロッパリーグ(EL)グループA第3節のフェネルバフチェ戦でのアルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリャンの復帰を示唆した。

今夏にドルトムントからユナイテッド入りしたムヒタリャン。先の代表ウィーク中に招集されていたアルメニア代表で太ももを痛めた影響で、直近の公式戦6試合を欠場しており、実戦から遠ざかっている。

フェネルバフチェ戦へ向けた前日会見に臨んだモウリーニョ監督は、ムヒタリャンの出場可否について問われると、以下のようにコメントを残した。クラブ公式サイトが伝えている。

「ムヒタリャンはケガをしていた。長期間のケガだったが、もう大丈夫だ。何の制限もなく、チームと練習できている。明日の先発メンバーにムヒタリャンが入るかは明かせないが、問題なくプレーできる状態に戻っている」