ガイナーレ鳥取は13日、マレーシア人MFタム・シイアン・ツン(21)がマレーシアのムラカ・ユナイテッドFCに完全移籍することを発表した。

タム・シイアン・ツンは水戸ホーリホックのU-18から上海申花のリザーブチームを経て2014年にアビスパ福岡へ加入。2015年にカターレ富山へと完全移籍し、2016年から鳥取でプレーしていた。日本での公式戦出場はなかった。タム・シイアン・ツンはクラブを通じてコメントしている。

「この度ムラカ・ユナイテッドFCに移籍する事になりました。シーズン中からお話は頂いており自分はマレーシア人なので今こそ何かしらの形で恩返ししなければいけないのではと感じたので今回このような決断にいたりました」

「そしてサポーターの皆様にはどんな時でも支えてもらった事に本当に感謝しています。日本で学んだ事を生かせるように頑張ります。日本から離れますが、遠い日本からでも応援してもらえると幸いです。ありがとうございました」