13日にFUJI XEROX SUPER CUP2017の開催発表記者会見が行われた。会見に出席した浦和レッズのDF遠藤航が、大会に向けた意気込みを語っている。

Jリーグ王者である鹿島アントラーズが天皇杯を制したことで、年間順位2位の浦和が繰り上がりでの出場となった。遠藤は昨シーズンのチャンピオンシップ決勝で敗れた鹿島を相手にリベンジする絶好の機会だと感じているようだ。

◆DF遠藤航
「去年に悔しい思いをした鹿島を相手にいきなり借りを返すチャンスということで、浦和としてはシーズン最初からモチベーション高く練習やキャンプに入れます。そのキャンプや練習の中で良い準備してまずこの大会で、伝統ある鹿島にチャレンジャー精神を持って、1つ勝利できるように頑張っていきたいと思っています」

――昨年の成績は2勝2敗だったが、戦ってみてお互いのチームの良さや強みは
「鹿島の印象は戦い方がうまいです。状況に応じた選手の判断がチームのためになっているイメージです。僕はセンターバックで出ていましたが、前の選手も前線からの守備などチームの統一感が素晴らしいチームだと思っています。また、どの選手が交代で入っても結果が残せるところが強みかなと思います。カウンターや、ゴールに向かう前線の迫力は、センターバックとして守りづらかった印象がありました」

――チーム作りはこれからだが、大会の勝敗を分けるポイントのイメージは
「浦和は昨シーズンよりも人数が増え、特に前線が増えて選手層がより厚くなりました。より一人一人の競争意識、ライバル意識が出てくるのかなと。明日から始動しますが、キャンプからメンバーの組み合わせをやる中で、新加入選手がどうフィットするかが大事になります」

「また、去年までいた選手も新加入選手たちとのライバル意識、競争意識持って良い準備できればなと。そうすれば大会にはコンディションが整った状態で臨めますし、どのメンバーでも結果出すことを意識して臨みたいと思います」