ジュビロ磐田は13日、2017シーズンの新体制発表会見を行った。

FW川又堅碁はこの会見に新加入選手として名波浩監督と共に出席。昨シーズン限りで退団したFWジェイに代わるスコアラーとして寄せられる周囲の期待に対して、「ハマれば取れる。ハマらなかったら本当にヤバイ」と笑いを誘いつつ、ゴール量産に意欲を示した。

◆FW川又堅碁(ジュビロ磐田)
――背番号20番について
「本当は名古屋のときも20番が良かったけど、矢田旭がくれなかった(笑)」

――磐田でのプレーについて
「まずは僕自身、自力で行くようなタイプではない。俊さんといかに良いコンビを組めるかだったり、チームに自分の特徴を生かしてもらえるように、練習から『自分はこうなんや』というのを見せていって、良さを出していってもらえれば」

――MF中村俊輔とのプレーは初
「僕は前から俊さんとやりたいと思っていた。今回、実現したのは嬉しいけど、まだ実現しただけ。名波さんだったり、呼んでくれた服部さんだったり、社長だったり、チームに関係する人が喜べるような結果を残せたら最高」

――ストライカーとしての目標
「目標はない。だけど、小学生のときから変わらないのは試合に出たら点を取るということ。取れなかったときに何が悪いのかを求めて次の試合に臨みたい」

――FWジェイの後釜としての期待
「わからないけど、どうですかね。ハマれば取れると思う。実際、僕の方が点を取っていると思うし…ハマらなかったら本当にヤバイと思います(笑)」

――代表への思い
「それはある。僕が小さい頃から見ていた俊さんからパスをもらえるということに関しては、僕が言える立場じゃないけど、(磐田と)契約してからずっとワクワクしていた。『早く(中村俊輔の磐田移籍を)発表してくれ』『遅すぎやろ!』と」

――自身の移籍時、中村俊の移籍は決まっていなかったのか
「絶対決まってなかったと思う。だけど、僕は『決まってくれ!』と願っていた。報道も出ていなかったんじゃなかったかな。神が助けてくれました(笑)…『神ってる(笑)』」