17日にSuperSports XEBIO Fリーグ2016/2017第33節のフウガドールすみだvsエスポラーダ北海道が墨田区総合体育館で行われ、2-0ですみだが勝利した。

◆フウガドールすみだvsエスポラーダ北海道
お互いに切り替えの早さをストロングポイントに持つ両チームの一戦は、3分に動く。今シーズン限りで引退を表明しているFP太見寿人が、FP稲葉洸太朗のシュートを触ってコースを変え、すみだが先制点を奪った。すみだはさらに13分、太見のボール奪取からカウンターを仕掛けると、最後はFP田村佳翔が追加点を奪う。

追いかける北海道は、前半終盤からすみだを押し込んで試合を進めるが、決定機を決めきれない。すると29分にはFP宮原勇哉がレッドカードで退場となり2分間の数的不利となる。このピンチを凌いだ北海道は、試合終盤にもチャンスを作るが最後までゴールが遠く。そのまま終了のホイッスルを迎え、すみだがホーム最終戦を白星で飾った。