パークを訪れると笑顔で迎えてくれるのが、東京ディズニーリゾート(TDR)全体で総勢2万人とも言われるキャスト(従業員)たち。

アトラクションやショーを満喫したり、ショップでお土産を買ったり、レストランでお食事したり…。すべてのシーンでキャストが見せる“おもてなし”の心が、パークで過ごす時間を特別なものにしてくれます。

でも、こちらからキャストに声をかけて何かをお願いする機会は意外とないもの。

実は、待ち時間の案内やお会計といった場面だけでなく、ゲスト側から声をかけることでママやキッズもうれしいスペシャルな体験ができるんです。

今回は、意外と知られていない”キャストにお願いできること”をご紹介します。

1. 素敵な記念写真を残せる

楽しい思い出を写真に残したいとき、パーク内のすべてのキャストがカメラマンになってくれます。

「迷惑かなぁ」なんて遠慮せず、気軽にお願いしてみましょう。最高のスマイルでOKしてくれるはずです。

屋外で美しい景観をバックに記念撮影したいときは、カストーディアル(清掃キャスト)に声をかけてみて。おススメの撮影スポットも教えてくれるかも?

2.「一緒に写ってください」ももちろんOK!

パーク内のすべての施設には、それぞれの雰囲気に沿ったコスチュームがあります。
たとえば東京ディズニーランドなら、「カリブの海賊」は海賊風、「ジャングルクルーズ: ワイルドライフ・エクスペディション」は探検家風、「ホーンテッドマンション」は豪邸のメイド風、といった具合。
カッコいい、かわいいコスチュームのキャストを見つけたら、パークの雰囲気をカメラに収める絶好のチャンス。スペシャルな記念写真が撮影できます。

3. 誕生日にはあちこちからうれしい一言が

誕生日は誰にとっても大切な日。そんな1日をパークで過ごすときには、ぜひメインストリート・ハウス(東京ディズニーランド)かゲストリレーション(東京ディズニーシー)に立ち寄ってみましょう。

日付と名前を書き入れたかわいいバースデーシールがもらえます。


このシールがとってもスペシャル! 衣服の見えるところに貼って歩けばあちこちでキャストたちから「おめでとう!」と祝福してもらえます。

運がよければ、バースデーソングも歌ってくれるかも!?

※シールは上記施設以外でも、パーク内のキャストに声をかければもらえます。(参考:東京ディズニーリゾート バースデーのとっておき)