2016年8月26日に劇場公開を迎え、大ヒットを記録しているアニメ映画『君の名は。』の興行収入が100億円を突破したことが明らかになりました。(※興行通信社調べ)

アニメ映画で100億円を突破したのは2013年に公開されたスタジオジブリ作品『風立ちぬ』以来となり、日本の歴代映画興行収入ランキングでもTOP10入りが確定して、アニメ映画に絞ってもTOP5入りが目前となっています。

なお、歴代のアニメ映画の興行収入上位は『千と千尋の神隠し』が308億円でトップとなっており、『ハウルの動く城』(196億円)、『もののけ姫』(193億円)、『崖の上のポニョ』(155億円)、『風立ちぬ』(120億円)が続いています。