今年で発刊10周年を迎えた韓流エンタメ情報誌「韓流ぴあ」。INFINITEエルが表紙の最新号(9月21日発売)の売れ行きが好調な中、早くも11月号(10月22日発売)の表紙と巻頭グラビアをチャン・グンソクが飾ることが決定。さらに、特典付版として、チャン・グンソクのVR映像が配信されることになった。

同号では、時代劇『テバク〜運命の瞬間(とき)〜』のトークをメインに、表紙と巻頭グラビア(+綴じ込みポスター)を合わせて16ページで展開予定。通常版(税込1000円)と、同誌のインタビューに応えるチャン・グンソクのVR映像が楽しめるVRキット特典付版(税込1,800円)の2バージョンが発売される。チャン・グンソクにとって、また韓流誌でのVR映像配信実施は史上初の試みだ。

VRとは、360度及び180度のパノラマ3D映像で、スマートフォン、専用アプリ、専用ゴーグルを用いて映像を視聴すると、実際に自分がその場にいるかのような感覚を体験できる、バーチャルリアリティー映像のこと。今回発表された「韓流ぴあ」の特典付版同梱のVRキットを用いると、チャン・グンソクのインタビュー現場に同席しているかのような、異色の疑似体験映像を味わうことができる。

雑誌「韓流ぴあ 11月号」は、10月22日(土)より全国書店、ECサイト「BOOKぴあ」他にて発売されるが、特典付版は、特定のサイトでのみで購入可能。なお、一般発売に先駆け、特典付版のみ、9月30日(金)15時よりECサイト「BOOKぴあ」と「KOARI」にて予約販売を受け付ける。

★「韓流ぴあ 11月号」より新たにBlock Bとテギョン(2PM)の連載もスタート! お楽しみに!!