「腿脚足展」は足フェチの楽園だった。美脚からむっちりまで、さまざまな『足』が集結

ふともも派も、足首派も、みんなで足を運ぼう!

下肢にスポットを当てた作品展「腿脚足展(あしてん)」が、9月22日(木)より千駄木のカフェギャラリー幻で開催中。

6月に開催された、胸とお尻をテーマにした「双丘展」に続き、今度は『あし』という身体のパーツがテーマ。

「腿脚足展」作家さんにインタビュー

27組の作家が参加した今回の展覧会。何人かの作家さんに直接話を聞いた。

・コムロさん

縁側で髪を梳く女性を描いた、日本画のような雰囲気を感じさせる作品だ。

見ている人がなごむような作品にしたかったので、くつろいだ様子にしたとのこと。

右足を左の膝にのせ、左足は無造作にのばされている。実はこのポーズ、「弥勒菩薩」と同じ。なんともいえないくつろぎや、癒しを感じるのはそのためか。

・萌子(もやし)さん

手づくりアクセサリーや写真集を出展。

実はご自身がいくつもの難病を抱えており、足が不自由だそう。

しかし、こうした病気があることを知ってもらい、同じような症状を持つ人たちを勇気づけられたら、と参加した。

病気というと暗くとらえられてしまいがちだが、そうしたものを払拭したかったそう。

水引を使った和風のアンクレットにはアジャスターがあるので、足袋などの上からでもつけられる。脚を見せることに抵抗がある人たちにもつけてみて欲しい、と語ってくれた。