よく色気とは「隙を見せること」と言われます。

男性でいえば、ネクタイを緩めるときやうっすら無精ひげが生えているときに、色気を感じるといいますよね。

これは、「普段見せない一面をのぞいてしまう」ことに反応してしまうからです。

なので普段から無精ひげの人には当てはまりません (笑)。

では女性の場合はどうなるのでしょうか。

20代、30代、40代と年齢別に色気について考えてみたいと思います。

20代女性の色気

20代は若さをアピールしたくなりますが、逆に大人っぽさを見せてみましょう。

20代ならば周りの女性も可愛いファッションであることが多いですよね。

そのなかで大人っぽいファッションをしてみると、相手はドキっとします。

30代になれば踏ん切りがつくものですが、20代で大人っぽいファッションに踏み切れる人は多くありません。

例えば、だぼっとした服よりもタイトな服を着たり、明るい色よりも落ち着いた色の服にしてみる。

パンツスタイルよりもスカートを履くようにする。

大人っぽい仕草や上品な振る舞いをしている女性がまだ20代半ばだったら、かなりグッときますよ!

30代女性の色気

嬉しくないかもしれませんが、30代に入れば、若い頃よりも太りやすくなってきます。

本人からすればイヤだと思いますが、太ることによって体つきは大人っぽくなっていきます。

また20代よりも恋愛の経験値もあるので、聞き上手であったり、少々のことでは怒らなくなったりするもの。

恋愛経験値の高さが30代女性の最大の色気ではないでしょうか。

若い頃に比べて体力は落ちたり、太りやすくなったりはしますが、経験からにじみ出る大人の色気は20代には出せません。

いわゆる「大人の色気」というものを手に入れられる年代なのです。