怪獣気分にもなれる超巨大コラボ

2016年夏、一大ブームを巻き起こした、東宝制作の映画『シン・ゴジラ』。その興奮もまだまだ続く中、KADOKAWAと六本木ヒルズ森ビルが「都市(リアル)VS空想(トクサツ)。」の戦いを描く展示会を開催している。

「ガメラが六本木ヒルズを襲ったら責任取ります!」企画実現の前日譚

六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー内スカイギャラリーで行われている『大都市に迫る空想脅威展』。その注目すべきポイントを、森ビルメディア企画部長・矢部俊男さんよりご案内いただいた。

この企画、『シン・ゴジラ』ブームにあやかってのものなのか? いや、それは違う。

「もともとKADOKAWAさんと私どもで始めた企画です。『シン・ゴジラ』が流行る前、東京にくるであろう脅威を捉えることをやりたいという話で進めました」と矢部さん。

しかしテロなどを扱うと、もし現実になれば責任が取れない。そこで「空想」という言葉を掲げ、ガメラなど空想のものを扱うことに。「万が一、ガメラやギャオスが六本木ヒルズを襲うことがあったら、私が責任を取ります!」と矢部さん。その気合いの入りよう、東宝にも負けていない。

子どもの目線で見ると怪獣の気持ちに! 森ビルが誇る1/1000の模型

展示会場に入ると、まず目に入る「東京タワーに巣くうギャオス」1/100模型。

その先には東京の1/1000スケール模型。展示品は、すべて撮影OK。

「普段は行政の方などへのプレゼンテーションで使うもので、森ビルが20年前に独自開発した技術で作られています。子ども目線の高さで見ると、怪獣の目線で街が見れます。大人でも、しゃがめば怪獣の気持ちになれますよ」

都市模型は半年に一度更新されるものらしく、新宿のバスタなど、新しい建物も再現されている。TOHOシネマズ新宿にはゴジラの頭も。

展示のテーマは大きく分けて3つ。ひとつ目が「怪獣」、ふたつ目が「悪の組織」による脅威で、それぞれ都市模型と年表が置かれている。

怪獣は1954年の『ゴジラ』、悪の組織は1958年の『月光仮面』に始まる歴史が、それぞれ現代の『シン・ゴジラ』や平成『仮面ライダー』に至るまでどう変遷していったのか、ここで再確認できる。

なお、テーマの3つ目は後ほど紹介しよう。