ブームの後押しもあって、すっかり私たちの生活にパートナーとして溶けこんだ「猫」。InstagramなどのSNSに、愛猫の写真を載せている人も多いはず。だけど、自分で撮影した写真を見直して「ウチの子はもっとかわいいのに…」と不満をおぼえた経験はないだろうか。

そんな愛猫家のため、ニコンの公式ホームページに設けられた「Enjoy ニコン 撮る×まとめる×作る 写真のある生活」では、上手な“猫撮り“のポイントを紹介している。きまぐれで動きのすばやい猫をどう撮影すればいいのか? ぜひプロのアドバイスを参考にさせてもらおう。

1. 複数の猫を一緒に

おもちゃを動かすなどして複数の猫が一斉に同じ方向を見た瞬間がシャッターチャンス!猫たちの目線を合わせるのが難しいときは1匹を主役に決めて、主役の子のタイミングでシャッターを切りましょう。

撮影シーンポイントガイド .猫のいる生活

多頭飼いの猫たちを撮影するときは、同じフレームに収めること、一体感を出すことがなかなか難しいもの。あえて1匹だけに狙いを絞るテクニックもあるようだ。

2. ごはん&おやつの時間

ごはんやおやつを食べているときは、猫の動きが止まりやすくなります。撮影するときは表情がわかるように猫の目線に合わせ低いアングルで撮ってあげるのがおすすめ!

撮影シーンポイントガイド .猫のいる生活

ごはん中に写真を撮りやすいのは、猫好きさんなら経験的によく知っていることだろう。たいていの家庭ではごはん皿が低い位置にあるので、撮影アングルには気を配りたい。

3. モノクロ撮影

ピクチャーコントロールの「モノクローム」を選べば簡単にモノクローム写真が撮影できます。カラーとは違った雰囲気のおしゃれな写真に。また背景に生活感が写り込んでしまう場所での撮影でごちゃごちゃした印象が軽減されるというメリットも!

撮影シーンポイントガイド .猫のいる生活

ついつい愛猫の毛色を見せたくてカラー撮影だけになりがちだが、あえてモノクロで普段とは違った雰囲気を出すのがプロの技。お昼寝中や窓際でたそがれている表情を撮ったりするには最適かもしれない。