一瞬にして「別の何か」になれる最強のグッズ、それが仮面

マスク、仮面、覆面、かぶりもの、フード、着ぐるみ、ゴーグルetc. 顔につけるもの、かぶるものに心惹かれてやまない、マスク好きのための祭典「第3回TOKYO MASK FESTIVAL」が北千住・東京芸術センターにて開催されました。

会場に入ると、数多くの作家さんたちがオリジナルの仮面を販売しています。自作のマスクをかぶって来場する人も多く、みなさん会場内に設けられた交流スペースで撮影を楽しんでいました。

魅惑的な仮面の数々。動物の骨を使ったものも

●Faceart_Mayura
本業はプロのフェイス&ボディペインターさん。フェイスペインティングの技術を取り入れた仮面を製作しています。

●百犬庵
『和と動物』がテーマ。狐面や、狐の鼻だけのお面が売れているそう。なぜ鼻だけ?とお聞きしたところ、「お面をつけてもお酒を飲んだり食べたりできる、というのを大事にしているんです」とのこと。

●タタナ幻獣館
粘土、フェイクファーを使った動物のお面やマスクを販売。紙粘土や樹脂粘土などいろんな素材を使い、試しながら作っているとのこと。なんと40,000円のお面も。

●異形商店
異形とは、人ならざるもの。人間の身で『異形』の存在に紛れるための装身具を取り扱っています。展示品を見ると、すでに『完売御礼』の札が多数ついています。売れ筋をお伺いしたところ、鳥のくちばし・耳があるものは女性に、角があるものは男性に好まれる傾向があるとのことでした。

●St.FeLair
フェティッシュ・フードやガスマスクを集めた、怪しいマスクの専門店。ロシア、スイス、ポーランド等、おもにヨーロッパから輸入したガスマスクがたくさん。値段は6,000〜40,000円程度。ちなみにすべて使用期限が切れたデッドストック品なので、本物の毒ガスには対応できません。

●柴田景子
本業は衣装作家さん。主にサーカスやコンテンポラリーダンスの衣装デザインを手掛けています。動いていても軽く肌にフィットする、付け心地がいいマスクが特徴。「彼女に付けてほしい」という理由で男性が購入するパターンもあるそう。

●CLAW
ヤギやヒツジの骨、毛皮、鳥の羽根などで制作したマスク、ヘッドドレス、アクセサリーなどを販売。すべて本物の動物から作っています。ヘッドドレスの値段は各24,000円。