解けない魔法のように世界中を魅了しつづける「ハリー・ポッター」の新シリーズ『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』が2016年11月23日 (水・祝)より公開となります。

そんな『ファンタビ』につながるバックグラウンドが明らかになりました。

J.K.ローリングによるビッグプロジェクト

『ハリポタ』シリーズの原作者J.K.ローリングが、映画のための脚本を書くためにペンを取った渾身の一作です。

本作の公開に先駆け、3月にローリングが書き下ろしたアメリカの魔法世界を描く新たな物語「北アメリカ大陸の魔法界」を自身のホームページである“ポッターモア”で、4夜連続で“全世界同時”に発表。

各国の言語で翻訳され、無料で誰でも入り込める魔法の世界が話題を呼びました。

このビッグプロジェクトの第2章として、ホグワーツに並ぶ、アメリカの魔法学校「イルヴァーモー二—魔法魔術学校」も、全世界で同時に解禁され、設立秘話が初めて描かれその心温まるストーリーに感動する人が続出しました。

そして、この度解禁となった待望の第3章であり、最終章ではアメリカの魔法省となる「アメリカ合衆国魔法議会(MACUSA)」の知られざるルーツが明らかになりました。