スウェーデン出身の美人漫画家オーサ・イェークストロムさんにインタビュー。日本での経験を4コマ漫画にしたエッセイを描いているオーサさんに、彼女が出会った日本の不思議についてお話をうかがいました!

スウェーデン人漫画家『オーサ・イェークストロム』さんとは?

オーサ・イェークストロムさんは、スウェーデン出身の漫画家。

初めてスウェーデン出身の漫画家と聞いて、アメコミとかバンド・デシネみたいな感じかな??と、思っていたのですが、実はオーサさんは子供の頃に見ていたアニメ「美少女戦士セーラームーン」や漫画「犬夜叉」を見て、大きくなったら漫画家になること決心。

スウェーデンでイラストを勉強したのちに、イラストレーター・漫画家として活動。2011年に来日し、現在は東京に在住しているそう。

2015年3月、日本デビュー作の『北欧女子オーサが見つけた日本の不思議<北欧女子オーサが見つけた日本の不思議> 』がKADOKAWAら刊行されると、外国人漫画家として話題となりました。

それもそのはず、絵だけ見ていれば外国人が書いたなんて思えないくらい、景色や人物が日本の漫画スタイルそのもの!!

そして漫画界の巨匠、高橋留美子先生から、「可愛くて面白かった」とコメントをもらうなど、漫画家としても実力派なオーサさん。

7月に発売された『北欧女子オーサのニッポン再発見ローカル旅<北欧女子オーサが見つけた日本の不思議>』は、日本では普通のことかなと思うことから、日本人の私たちも知らないような地方の風習などをコミカルに描いています。

読んでいるうちに、オーサさんと会いたくなってしまったライター牡丹餅。

外国人から見た「日本の変なところ」を聞きに、オーサさんと会ってきちゃいました!!

実物のオーサさんとご対面!!

KADOKAWAさんの会議室で、オーサさんとご対面!!

部屋に入ると、お人形さんのような女性が座っていました。

あれ、でも漫画のオーサさんとイメージが全然違う……。

なんていうか……。

例えば、リカちゃんに会いに行ったら、バービー出てきた!!みたいな。

かなり色っぽい気が……(笑)