今回の“ペダステ”最新作は、“新生ハコガク”のストーリーらしい――。そんな噂を聞いてから、筆者は胸をときめかせていた。なぜって、原作ファンでもある筆者は、新生ハコガクチームがとても好きだからである。

先に公演されていたインターハイ篇では、小野田坂道(おのださかみち)をはじめとするチーム総北に敗北を喫した箱根学園。長年の“王者”、強豪たるアイデンティティを失った彼ら。先輩から後輩へ、“王者”ハコガクのプライドを伝え継いでいく。箱根学園が総北への敗北をチームで乗り越え、次世代につなげるシーンが描かれているのが今作『箱根学園(ハコガク)新世代、始動』なのだ。

まず、今回の特徴のひとつとなっているのは、キャストの大幅な変更だ。前作までのハコガク旧3年生(福富・荒北・東堂)キャストが変更となり、新キャストがお披露目となった。

また、インターハイ篇で坂道と激闘を展開した真波山岳(まなみさんがく)も、植田圭輔さんから谷水力さんへと世代交代。新3年生である葦木場拓斗(あしきばたくと)役の東啓介さんや黒田雪成(くろだゆきなり)役の秋元龍太朗さんが主役級の存在感を発揮するなど、今回の舞台では今までの“ペダステ”とは違うキャスト陣の魅力を見ることができた。