「パンめぐ」編集長がお届けする10月のマンスリーコラム「鎌倉のパン屋さん特集」。

第1回目は、スタンドタイプのパン屋さん「mbs46.7」をご紹介します!

四季の中で一番過ごしやすく新麦も楽しめるこの時期、東京から1時間程度で行ける古都・鎌倉。

日頃の疲れを癒しに週末、散歩がてら出かけてみては?

鎌倉駅東口をでて(ちなみに西口から東口へは駅の中を通らなくても地下道があるのでそちらで渡ること可能)若宮大路を右方面に行くとローソンがあります。

突き当たったその道沿いにあるいていくとWalk大町エリアがでてきます。mbs46.7はWalk大町内にあります。

こちらのパンは、自家製天然酵母と手ごねにこだわっているそう。

店主の岸本さんはとっても気さくな方で、パンの質問にも気軽に答えてくれます。

前回伺ったのが2年以上前だというのに覚えていてくださり、感激!!

バゲットなどのシンプルなパンも良いのですが、小ぶりな惣菜系のパンも良いし、ドライフルーツなどが入ったパンもオススメ。

バインミーのチャーシューは、近所のお肉屋さんに特別に作ってもらっていたりするそうですよ!