徳島市内を中心にアニメ・ゲーム・マンガなどのファンやメーカーが集まり、さまざまなトークショーや展示などが楽しめるイベント「マチ★アソビ vol.17(マチアソビ)」が開催されました。

今回は最も盛り上がりをみせるクライマックスラン初日(10月8日)の市内の様子を振り返りつつ、話題となったスポットやコスプレ、痛車などを紹介していきます。

マチアソビは、「Fate/stay night [Unlimited Blade Works]」「テイルズ オブ シリーズ」など人気のアニメを手がけるufotableが企画・制作するアニメ・漫画イベント。徳島市にはufotableの制作スタジオやアニメやゲームとコラボを行う「ufotable Cafe」、そしてアニメ作品を上映する映画館「ufotable CINEMA」がオープンしていて、マチアソビはufotableと徳島による地元密着型イベントとして年に2回開催されています。

比較的アニメや漫画のイベントが少ない西日本での開催ということで、四国のみならず大阪や九州方面からの参加者も多く、イベント開催時期になると市内の宿泊施設がすぐに満席になるほどの盛況っぷり。

筆者はこれまでに趣味を含めて6回イベントに参加していますが、他のイベントにはない徳島市全体を使った大規模なイベントとして、すごく楽しませていただいています。

会場は大きく別けると、徳島市の代名詞といってもいい眉山山頂にある、イベント最大規模となる林間ステージ(眉山山頂林間駐車場)、様々なトークショーなどを行う新町橋東公園ステージ、企業ブースがグッズ販売を行うしんまちボードウォーク、貴重な展示コーナーやゲスト作家によるサイン会などを行うポッポ街商店街の4つ。

ほかにもアニメやゲームのキャラクターがガイダンスをする眉山ロープウェイや、徳島阿波おどり空港をジャックした展示など、を使ったスタンプラリーなども開催されています。