この週末にかけ、日本上空に今シーズンで最も強い寒気が流れ込む見込みで、県内でも厳しい冷え込みとなりそうです。
甲府地方気象台によりますと、日本列島の上空に今シーズンで最も強い寒気が流れ込んでいて、14日から15日にかけ、強い冬型の気圧配置になる見通しです。
このため県内も週末は厳しい寒さとなりそうです。
特に日曜日は甲府でも予想最低気温が氷点下7℃となっていて、平年の氷点下2.2度を大きく下回り、各地で今シーズン1番の冷え込みとなる見込みです。
また気圧の谷の影響で雲が広がりやすく、山沿いのほか盆地でも所によって一時、雪が舞うことがあるとみられています。
(画像=山中湖畔、午後3時半頃)。