1976年奈良で創業し、手績み手織りの麻織物を作り続け、現在では幅広く生活雑貨を取り扱っている中川政七商店。2016年に創業300周年を迎え、これを記念し、新潟県三条市で爪切り など刃物の製造を手がける諏訪田製作所と、トータルビューティーサロンを展開するuka(ウカ)の2社とコラボレーションした限定品をクリエイト。2016年9月28日(水)より、中川政七商店の全店、公式オンラインショップにて発売される。

中川政七商店の創業期でもある江戸時代にネイルケアが一般的に普及したと言われているが、そんな江戸の美意識をヒントに作り上げたのは、爪を健やかにお手入れできるネイルケアセット。

セットには、諏訪田製作所の「SUWADA」ブランドによる別注色のネイルファイルと、ラベンダーをベースにベルガモットとバニラが香るukaのネイルオイルの中川政七商店300周年記念モデル、そして、中川政七商店の手績み手織り麻を使用したネイルファイル収納ケースと巾着ポーチが入っている。美の匠と作り上げた指先の粋な見だしなみセットをお見逃しなく。