エスティ ローダー グループの元エスティ ローダー グループ シニア コーポレート ヴァイス プレジデント、故エヴリン・ローダーが創設した、乳がんの早期発見や予防と根絶を目的にしたキャンペーンも今年で24年目。乳房を思いやる心を伝えるピンクのリボンをシンボルに、2016年10月1日(土)から世界70カ国以上で、乳がんの早期発見や予防と根絶を目的にした知識啓発のあらゆる活動が行われる。

日本では期間中、エスティ ローダー グループの8つのブランドが「ピンクリボン キャンペーン」を支援する製品を10月1日(土)より数量限定で発売。収益の一部は、米国乳がん研究基金(BCRF)やJBCRG(Japan Breast Cancer Research Group)などを通じて医療研究に役立てられるという。

また、世界各地のランドマークをピンク色にライトアップする「ランドマーク イルミネーション」を引き続き日本でも実施。10月1日(土)に、東京タワー、東京スカイツリー®、清水寺 本堂、姫路城、そして2016年3月にオープンした東急プラザ銀座の5カ所がピンク色に点灯される。そのほかの「ピンクリボン キャンペーン」に関する詳細は、公式サイトをチェックして。