モードファッションに身を包み、新色のアイシャドウと赤リップを合わせたのになぜかしっくりこない……。そんな人こそ、実はトレンド感が如実に表れる「眉」と「肌」に注目すべし。『VOGUE JAPAN』2016年11月号のビューティー特集「オンナは、眉と肌こそすべて。」では、今シーズンのアイブロウとベースメイクを取り上げている。

今回、NYコレクションをはじめ、数々のファッションショーのバックステージで活躍する、NARS インターナショナル リード メーキャップスタイリストの伊藤貞文さんに取材を敢行。この秋冬は、少し"野性味"のある自然な眉がトレンドに浮上しているとか。

一方ベースメイクは、肌からにじみ出た皮脂のような、自然なツヤ肌に仕上げるオイル系ファンデがイン。その具体的な眉メイク&ベースづくりは誌面でチェックして。

『VOGUE JAPAN』11月号のご購入はこちら。