木製監獄にキリスト教の祭壇をしつらえたセットでショーをおこなったファウスト・プリージ(FAUSTO PUGLISI)。トスカーナにある受刑者劇団のアーティスティックディレクター、アルマンド・プンツォとのコラボレーションによるもので、「自分のルーツであるシチリア島への変わらない想いのためにデザインした」という。

鳥や花を描いたシルクプリントや幾何学プリントのセットアップはリゾート地で着るとぴったりのリラックス感で、オレンジ、グリーン、水色、ベージュ、ピンクなどマルチカラーをパッチワークで表現したコートやシャツ、スカートなどはスポーティーでモード感もある。また様々な十字架モチーフやスタッズ、ボタンなどをあしらったブルゾンやレザージャケットなどはダークでハードなイメージをプラスしてコレクションに深みを与えた。