フランス語の"シャルム(charme/魅力、魔法、色香)"とアルマーニをかけた造語"シャルマーニ(Charmani)"をコレクションテーマに掲げたジョルジオ・アルマーニ。その意味は「快活な肉体は魅力的。自制と自由の新しいバランスの見つけること」とのことで、絞めつけ過ぎず、かつ身体をきれいに見せる服が並んだ。

グレーのノーカラーコートにはギャザーの入ったリラックスショートパンツをあわせ、フリンジをたっぷり使ったドレスにあわせたジャケットは襟や肩はテーラード仕立てながらウエストの切り替えにギャザーをいれている。パンツはほとんどがリボンベルトでゆったりしたシルエット。ネイビーからブルーグレイ、シルバーのグラデーションのカラーパレットや、後半のビーズをあしらったジャケットやフィッシュネット、シークエンスドレスもエレガントで美しい。