ジャズをテーマにコレクションを発表したアンダーカバー(UNDERCOVER)。高橋盾と音楽というとパンクを思い浮かべる人が多いかもしれないが、彼がこの2年毎日聴いているのはジャズだという。

黒いボーラーハットに黒いニット、白いワイドパンツに赤いベルトがポイントになったファーストルックは、パールのネックレスをいくつもしているかのようなトロンプルイユ。次のルックもサックスのトロンプルイユで、ボーダーに見えるのは鍵盤だ。サックスやトランペット、ピアノなどの楽器がトロンプルイユやプリント、パッチワーク、ニットの柄など様々な手法で登場。

ストレッチ素材のTシャツやスカートにはジャズアルバムのジャケットをプリントしている。ラストでは高橋が大ファンというジャズピアニスト、ビル・エヴァンズをイメージしたブラウンのスーツに身を包んだモデルたちが登場した。