デムナ・ヴァザリアが手がけて2シーズン目のバレンシアガ(BALENCIAGA)は、フォルムと色でインパクトの強いコレクションを見せた。ジャケットやコート、ブルゾンはほとんどがスーパーワイドショルダーでビッグシルエットなのに対してボトムはタイツのような細いブーツだ。シャツとスカートのコーディネートでは赤いレザーベルトをきつく締めてウエストを細くしてコントラストをつけた。

色の対比も用いられ、レッドのホルターネックミニドレスにはスカイブルー、ブラックのコートにはネオングリーンのブーツ。プリントもグリーンベースにオレンジやピンクの花柄でサイケデリックだ。小物もスーツケースほどあろうかという大きなボストンバッグにカラフルなストレッチ素材のブーツなどが登場した。