デンマーク発のラグジュアリーライフスタイルブランド、ジョージ ジェンセン(GEORG JENSEN)は9月30日、世界的建築家、隈研吾とコラボレートしたティーセット“KUSA(草)”を発売した。

ジョージ ジェンセン、隈研吾ともに、長年のデザインモチーフである自然にインスパイアされたティーセットは、伝統的な日本の茶道をイメージし、そこにジョージ ジェンセンの有機的なデザインを融合したもの。シルバー製の茶碗、薄器(棗)、茶筅、茶杓、盆の5アイテムで構成され、世界限定11セットで生産される。日本の茶道用ティーセットとしては斬新なシルバーを用い、主要アイテムに施された二層デザインは、見た目にもインパクトがあり、心地よい触感が魅力的。日本の美意識である侘び寂びの精神をモダンに表現した作品は、まさに一見の価値あり。