ロジェ ヴィヴィエ(ROGER VIVIER)が、漫画家の惣領冬実とコラボレーション。惣領冬実がヴェルサイユ宮殿から直々にオファーを受けて描き下した最新作『マリー・アントワネット』が9月23日(金)に発売されるのにあわせて、惣領の描いた美しい原画をブランドのアイコンバッグ「ミス ヴィヴ」やシューズ「スニーキー ヴィヴ」にプリントしている。花やリボンの原画をもとにしたキーチャームも展開する。

漫画『マリー・アントワネット』は建築やファッション、王宮儀礼などを日仏共同で調査し、監修もヴェルサイユ宮殿が担当するという壮麗な作品だ。ロジェ ヴィヴィエのアイコンであるバックルは、中世の貴族のシューズのバックルがモチーフとなっており、作品の登場人物もバックル付シューズを着用している。パリのエレガンスを体現するロジェ ヴィヴィエと、パリの歴史の象徴のひとつであるマリー・アントワネットが惣領冬実の作品を通して出会うことになった。

コラボレーションアイテムは、9月28日(水)から松屋銀座で開催されるイベント「PARIS THEN, NOW and BEYOND」にて先行販売。イベントでは単行本からの原画はもちろん、ロジェ ヴィヴィエのために特別に描き下した原画も展示され、さらに10月1日(土)には惣領冬実によるブックサイニングイベントも開催される。