イタリアをはじめ、世界中のセレブに支持されるフットウェアブランド、ルコライン(RUCOLINE)の
フラッグシップショップである銀座並木通り店が10月1日(土)にリニューアルオープンする。

新店舗をプロデュースするのはアートディレクターの千原徹也氏。日本を象徴する色のひとつ、「黒」が、和紙、漆、石などのさまざまなマテリアルで表現された、伝統とモダンが融合する空間となっている。

日本では2001年に上陸し、多彩なバリエーションを誇るスタイリッシュなスニーカーが多くの女性を魅了してきたルコライン。時代とともに挑戦し続けるブランドがまた、新たな一歩を踏み出した。