2016年9月28日、ファッションフォトグラファーのマリオ・テスティーノが、第57回クリオ賞の授賞式でファッション&ビューティー部門生涯功労賞を受賞した。クリオ賞とは、広告やメディア、音楽、ファッション&ビューティーなどの分野において優れた作品を表彰する国際的なアワードである。彼は受賞に際して、「子供の頃、褒められるような事をした時、表彰されたいと思ったことがあるだろう? 表彰されることはご褒美を貰うようなこと。良い事をしたってことが認められた証だからね。」と語っている。

今回、受賞を記念して短編フィルムが作られた。マリオ本人はもちろん、ケイト・モスがナレーションを務め、ジジ・ハディッドやアンバー・ヴァレッタ、クリストファー・ベイリー、アナ・ウィンターなど豪華な友人が多数登場している。「mockumentary(ドキュメンタリーをまねた映画)」と題されたこの作品からは彼のユーモア溢れるキャラクターを感じることができる。

マリオにとって、一緒に働く人と良い関係を築くことはどんなことを意味しているのか?「私は毎日朝の8時から夜の9時までずっと働き続けているんだ。好きな人と仕事をしているときはとても楽しい。もし、ケイト・モスのようなモデルを見たら、彼女はただ単に美しい容姿を持っているから成功したんじゃないと分かるよ。彼女といると有意義な時間が過ごせるんだ。ユーモアがあって、気が利いて、独自のテイストも持っている。誰といてもそんな気分で働きたいと思うんだ。一緒に働く仲間の1日を良いものにしたい。一緒に楽しみながらも達成感があって、お互いに刺激し合う仕事がしたいんだ」と熱く語ってくれた。

彼は、最近新しいデジタルプラットフォーム「mira mira.tv」 を立ち上げた。「mira mira」とはスペイン語で「見て見て!」を意味する言葉だ。ここでは、彼の作品をはじめ、ブログやポッドキャスト、インスピレーション源など、マリオの世界観がユニークな手法で体感できる。クリエイティビティを通じて、人との関わり方を大切にする彼のマインドが堪能できるサイトをぜひチェックしてみて欲しい。