アメリカのバッグブランド、イーストパックが2010年から行っているチャリティプロジェクト「イーストパック アーティストスタジオ」の2016年参加者が決定した。

今年はケンゾー(KENZO)やヴェトモン(VETEMENTS)、ハウス オブ ホランド(HOUSE OF HOLLAND)、ジャンバティスタ ヴァリ(GIAMBATTISTA VALLI)など11のブランドが参加し、イーストパックのアイコンバックパック「パデット パッカー」を使ってオリジナルのアートワークを制作。完成した作品はネットオークションで販売され、その売り上げは非営利団体のデザイナーズ・アゲインスト・エイズ(DAA)を通じてエイズ基金などに寄付される。

また、今回新たに始まった一般公募の「ワイルドカードプロジェクト」で優勝したザバ・サフダーも参加。合計12名のアーティストたちの作品は、11月21日(月)に発表され、世界エイズデーである12月1日(木)からネットオークションがスタートする。