国内外で活躍するクリエイター同士の夫婦たち。彼らはお互いどう刺激しあって、どうクリエイションを高めているのだろう。『VOGUE JAPAN』11月号では、その秘密を探るべく、彼らの家に訪問した。

まずは、現代美術家であり建築も手がけるSANDWICHの代表、名和晃平と、糸やビーズを使った刺繍で一躍人気を博したアーティスト、清川あさみ。今年の4月に結婚を発表した2人がウィークエンドハウスとして使用している京都の家を訪れた。2人揃って公にインタビューに答えるのは、今回が初。

知り合ったきっかけから、お互いの作品をどう捉えているのか、そしてそれぞれの仕事のスタンスまで。人気アーティストカップルがどう刺激をし合い、クリエイションを高めているのか------その秘密を探った。

『VOGUE JAPAN』11月のご購入はこちら。