国内旅では今、瀬戸内エリアが人気急上昇中だ。『VOGUE JAPAN』11月号では、アートと食に特化した、最新の瀬戸内旅をしている。エリアは、瀬戸内国際芸術祭が行われる「直島周辺」、「岡山」、「尾道&福山」の3つ。

「瀬戸内国際芸術祭」開催の直島エリアは、秋会期の豊島や小豆島などの注目作品をピックアップ。岡山は、鮨から中華、イタリアンまで珠玉のグルメ情報が満載。また、今月オープンしたばかりのワイナリーや、秋から開催される芸術祭などもフィーチャーしている。

尾道&福山は、食はもちろんのこと、SANDWICH率いる名和晃平が手がけた巨大な禅のアートパビリオン「洸庭」の全貌も紹介している。瀬戸内エリアに行くならば、手放せない特集だ。 

『VOGUE JAPAN』11月号のご購入はこちら。