“ニューヨークの朝食の女王”と称され、フレンチトーストやパンケーキ、ワッフルなど伝統的なアメリカの朝食メニューで人気の「サラベス」は、1981年、ニューヨーク出身のサラベス・レヴィーンにより創業。

その「サラベス」品川店限定で、レヴィーン監修のもと生み出された、ニューヨークのトレンドを盛り込んだディナーコース「テイスティングコース」が登場中だ。

コースは季節感あふれる4品のアラカルトメニューから構成。サラダとメイン料理はセレクト可能。さらにスパークリングワイン、コーヒーもしくは紅茶、焼菓子のお土産まで付いたお得なメニューとなっている。

東京の玄関口のひとつ品川で、ニューヨークの「旬」の美味しさに舌鼓を打とう。