『KAMUY』は、生と死・性と命をテーマに、新感覚のCGを駆使して作りあげたアートフィルム。森羅万象や母性の象徴としての女神によって、攻撃性の象徴である男性兵士に宿ったその胎児が見て感じた記憶の世界を描いた。約15分間の作品に「生きぬくチカラ」を信じたクリエイターチームが手がける、新感覚のCG技術と斬新な脚本アイデアが凝縮している。

監督は、サカナクションやRADWIMPSのMVやCMを中心に、新たな映像表現でメッセージ性の強い作品に挑戦してきたショウダユキヒロ。主演を務めるのが、映画『ディストラクション・ベイビーズ』、ドラマ「仰げば尊し」など次々と話題作に出演する今大注目の俳優、村上虹郎。物語の中核を担う音楽を担当したのはエレクトロユニットYoung Juvenile Youth。独特の存在感を放つゆう姫は自ら映像にも出演している。