5世紀にわたって和菓子屋を営んできた「とらや」が手がけるカフェ「TORAYA CAFE・AN STAND(トラヤカフェ・あんスタンド)」では、この秋、国産の新栗を使用した新メニューを発表。

「あんコッペ(和栗)」(486円)は新栗と白あんを使用し、あんペーストをたっぷり挟んだ小ぶりのコッペパン。店内では軽くトーストしたものを楽しめる。「あんトースト(和栗・こしあん)」(540円)は、和栗を使ったあんペーストとこしあんのペーストを塗ったシンプルなトーストに、バターを添えて食べたい一品だ。販売期間はどちらも11月1日(火)を予定している。

また、秋の人気定番商品「和栗とチョコレートのフォンダン」(レギュラー3780円、スモール540円)は、今年の新栗のみを使用。しっとりとした生地には、こしあん、白あんに和栗のペーストとミルクチョコが練りこまれ、大きめにカットした和栗の甘露煮を合わせている。

この他、店頭では国産とフランス産の栗、希少な白小豆100%の白あんを使用した「あんペースト」(864円)を今年も販売。トーストに塗ったり、アイスクリームに添えたり、自宅でも同店ならではの秋の味覚が楽しめる。

旬な食材の和栗とあんの組み合わせは女性にも嬉しいスイーツ。ぜひこの機会に手に取ってみては。【ウォーカープラス編集部/原田桃花】