フレッシュネスバーガーは10月5日(水)から、フォアグラを贅沢に使用した「フォアグラバーガー 1000円(税別)」を限定3万食で販売する。

同商品は、今年5月に販売された「松阪牛バーガー」に続き、クラシックシリーズの最高峰として登場。フレンチの定番であるフォアグラと牛肉の組み合わせにトリュフ香る、高級グルメバーガーとなっている。

なめらかな口溶けのハンガリー産フォアグラ50gと、100%ビーフで肉汁あふれるクォーターパウンド(113g)のパティの組み合わせはボリューム抜群で、濃厚で深みのある味わいも併せ持つ。また、トリュフ香るマッシュポテトや国産野菜のグリーンカール、ワインで仕上げたマデラ風ソースのコク深い味わいが、贅沢な素材の美味しさをより一層引き出している。

世界三大珍味の2つの素材による組み合わせは、フレンチ料理ではもはや定番中の定番。一口食べれば、ジューシーなパティと濃厚なフォアグラの味わいとともに、トリュフの香りが口いっぱいにフワッと広がる。一度でフランス料理の一皿を堪能しているような贅沢な味わいを体験できる。

さらに、同日スタートとなる「2016秋冬スープフェア」には、新たに「パンプキンポタージュ」が登場。美味しく改良された「ボルシチ」と「ベジタブルスープ」に、「ロブスタービスク」を加えたラインナップとなっている。

スープフェアは10月5日(水)から2017年3月までの期間で、フレッシュネスバーガー全店で一品350円(税別)、スープセットは全てのハンバーガーにプラス300円(税別)で販売される。

濃厚なフォアグラにトリュフ香る贅沢なバーガーと、素材豊かなスープを逃さず堪能しよう。【ウォーカープラス編集部/コタニ】