“ふわふわ食感”のパンケーキ専門店「幸せのパンケーキ」が、9月29日(木)に都内3店舗目を吉祥寺にオープンする。

「幸せのパンケーキ」は、2015年11月に表参道店がオープン。直後から話題を集め、多数のメディア取材を受け、一気に行列店となった。

通常のパンケーキとの大きな違いは、その“ふわふわ食感”。材料はベイキングパウダーを使わない無添加素材にこだわり、作り置きではなく一つひとつの仕込みを焼く直前に行っている。

また、通常は数分程度で焼き上げるところを、蒸し焼きにするなど20分間以上の工程をかける特殊な焼き方を採用する。パンケーキの上のホイップバターは、ニュージーランドから直輸入する高純度のマヌカハニーと北海道の生乳で作った発酵バターを使うなど、手間ひまをかけたその調理工程に美味しさの秘密がある。

自然色をベースにした落ち着いたインテリアが揃った吉祥寺店では、焼き上げる調理工程を見ることができるオープンキッチンを採用した。さらに、吉祥寺店だけの限定パンケーキとなる「クラシカルフランボワーズパンケーキ」(1380円)も用意。口どけのよいホワイトチョコのムースと、芳醇な香りが魅力のフランボワーズの味わい深い組み合わせを、パンケーキと一緒に楽しめる。

“ふわふわ食感”のパンケーキを味わって、幸せになろう。【ウォーカープラス編集部/コタニ】