富士重工業のモータースポーツ統括会社であるスバルテクニカインターナショナルは、WRX S4をベースとした特別仕様車「WRX S4 tS」を、10月4日(火)から2017年3月12日(日)までの期間限定で販売する。価格は496万8000円から。

「WRX S4 tS」は、2015年、STIコンプリートカーの最高峰として登場、400台が受注開始日に完売した「S207」の走りのテクノロジーを継承しつつ、スバルが誇る先進安全機能であるEyeSight(ver.3)、アドバンスドセイフティパッケージを搭載。

パワーユニットは通気抵抗を低減した吸排気系の採用により、加速中の過渡エンジントルクを最大約10%向上(STI測定値)。また、オイルクーラーを追加するなどスポーツリニアトロニック(CVT)のクーリング性能を強化し、耐力も高めた。足回りは「S207」に採用した可変減衰力サスペンションDampMatic IIを装備し、快適な乗り心地と、ハードなコーナリングにおける操縦安定性を両立。フロントブレーキにはブレンボ製対向4ポットブレーキを採用して制動能力を向上させたほか、VDCとアクティブトルクベクタリングは専用の前後2輪制御とすることで、旋回時のライントレース性能を高めたという。

その他、ハンドルを切った瞬間の応答性を高めるべく、STI製のフレキシブルタワーバー(フロント)、フレキシブルドロースティフナー(フロント)、ピロポールブッシュリヤサスリンク、フレキシブルサポートサブフレームリヤを装備。

エクステリアはSTI製BBS19インチ鍛造アルミホイール(シルバー)をはじめ、メッシュタイプフロントグリル(チェリーレッドストライプ、STIオーナメント付)、大型フロントアンダースポイラー、ブラックルーフアンテナ(シャークフィンタイプ)、STIオーナメント付サイドガーニッシュ、チェリーレッドストライプ入りリヤバンパーを専用装備。

インテリアにもセミアニリンレザーを使用したSTI製RECAROバケットタイプフロントシートやSTIロゴ入りルミネセントメーターをはじめとした専用装備を随所に採用。上質感と機能性を融合させた、スポーティーな室内空間を実現した。

なお、WRX STIが参戦し続けているニュルブルクリンク24時間レースにおいて、2015年、2016年とスバルがクラス優勝したことを記念し、更に特別な装備を追加した「NBR CHALLENGE PACKAGE」(529万2000円)も用意する。【東京ウォーカー】