9割の女性が「おいしい」と回答した秘密はどこにあるのか。

「スイーツデイズ おいしいハイカカオ74%<エクアドル&ガーナ>」(税抜230円前後)が、10月11日(火)から全国で販売される。

同商品の味について、カカオ分の高いチョコレートを好む女性の182人中165人がおいしいと回答。“ハイカカオ”なのに“おいしい”チョコレートは、開発のこだわりによって生まれた。

外側の優しい甘さのチョコレートで、上品な苦味のあるチョコレートを中に閉じ込めた2層構造のひと口サイズチョコ。2種類のカカオが口の中で融合し、カカオの味わいや香りがより体感できる。

カカオの産地もこだわり、外側のチョコレートのカカオマスは「ガーナ産」カカオ豆を使用。強いチョコレート感や豊かなコクが特徴で、口に入れた瞬間のマイルド感を演出する。内側のチョコレートのカカオマスは「エクアドル産」カカオ豆で、華やかな香りと上品な苦味が特徴。独特の香りと心地よいほろ苦さが口の中で徐々に広がる。

また、2種類のチョコレートそれぞれの口どけや硬さを調整し、スムーズかつ一体感のある食感も実現している。

そして、ハイカカオチョコレートの開発の目安として、カカオ分を70パーセント以上に設定。おいしさを追求した結果、74パーセントにたどり着いた。

妥協を許さない姿勢が生んだ“おいしいハイカカオチョコレート”。思いの詰まったチョコだけに、他とは一味違うのだろう。【ウォーカープラス編集部/コタニ】