サッカーのロシア・ワールドカップ(W杯)出場をかけたアジア最終予選の第4戦が、10月11日(火)に行われた。

6大会連続6回目の本大会出場を目指す日本代表は、相手サポーターで埋まった敵地でオーストラリア代表と対戦。開始早々の5分に原口元気選手のゴールで先制したが、52分にPKで追いつかれ、1-1で引き分けた。

ワントップで先発出場した本田圭佑選手は、先制ゴールをアシスト。84分に交代するまで、プレーした。自身の起用については、試合後に「ぶっつけ本番ということで、あまり欲は出さずに自分のできることが何なのかということを整理しながら準備をしたつもり」と語った。

長谷部誠選手から受けたボールを、ダイレクトで原口選手につなげたアシストについては、「自分の良さが出せたかなと思っていますし、あれに関しては満足しています」とコメント。「ぶっつけ本番としては、ひとつ結果を出せたのは評価できるかな」と、起用法に応えたプレーとなった。

次戦は11月15日に行われる、ホームでのサウジアラビア代表との試合。本田選手は「コンディションがまた重要になってくるかなと思っている。チームに戻ってもなかなか試合に出れていない状況ですし、まずはベストコンディションで戻ってくる」と語る。

「もし試合に出ていなくてもプラスアルファの練習を自分に課して、試合に出ている以上のコンディションで戻ってくるというくらいを理想に、向こうに帰って準備したい」と、所属するイタリアのACミランでの戦いを見据えた。【ウォーカープラス編集部/コタニ】