カラオケの「JOYSOUND」で、気軽に運転士や車掌の気分が味わえる「鉄道カラオケ」シリーズの「東京メトロ丸ノ内線」編が、10月19日(水)から配信される。

電車の運転室からの展望映像と車内アナウンス等のテロップが流れる人気シリーズの第3弾。現在配信中の「京浜急行電鉄」編と「東武鉄道」編に続いたのは、シリーズ初の「地下鉄」となった。

1日に100万人以上もの利用者がいる「東京メトロ丸ノ内線」を舞台に、テイチクから発売中の鉄道ビデオ作品「東京メトロ 丸ノ内線」に収録された展望映像の中から厳選した「淡路町〜大手町」編と「本郷三丁目〜御茶ノ水」編、「池袋〜新大塚」編の3本を楽しむことができる。

背景映像には、鉄道ファンからの人気も高い「02系電車」の運転室からの展望映像を採用。また、東京地下鉄株式会社の監修の下で制作されたテロップをみながら、ワンマン運転の案内をはじめ、普段は自動放送化されているアナウンスを自ら体験することができる。

今後も追加配信を予定していて、地下鉄としては珍しい「地上区間」の走行が収録される予定。誰でも簡単に大都会東京の地下で乗務員体験をすることができ、ファンにはたまらない内容になっている。

カラオケで、運転士や車掌になりきってみよう。【ウォーカープラス編集部/コタニ】