大阪王将が届ける常温調味料シリーズに、新商品が登場する。

冷凍食品と常温調味料を展開するイートアンド株式会社は、中華専門店「大阪王将」の常温調味料シリーズで「大阪王将 カレー炒飯の素」と「大阪王将 鶏肉とキノコのガーリック醤油炒めの素」を、2月末から全国で販売する。

「大阪王将 カレー炒飯の素」は、絶妙なバランスで黒胡椒とカレー粉を配合した、香りも味もスパイシーな本格的カレー炒飯。豚と鶏、ガーリック、オニオンの4種の旨味によって、コクと深みのある炒飯に仕上がる。

「大阪王将 鶏肉とキノコのガーリック醤油炒めの素」は、バターのコクと特製ガーリック醤油の味付け。鶏肉に粉をまぶして、好みのキノコや野菜でさっと炒めるだけで、ご飯がすすむ一品が完成する。

手軽に中華専門店の味を再現できるだけに、食欲をそそること間違いなさそうだ。【ウォーカープラス編集部/コタニ】