2016/09/21 07:32 ウェザーニュース

台風16号による強い雨は昨夜のうちにだいぶ収まり、川の水位はだいぶ落ち着いてきました。
氾濫の危険はないものの、川の水位はゆっくりと低下していくため、まだ油断はできません。

川の水位はゆっくりと低下していくため、まだ危険は残っています。京都市のウェザーニュース会員から届いたリポートによると、「高野川は降り続いた雨で、濁流で早くなってます。水鳥も川の中に入りません。川岸に待機してます。」とのこと。氾濫の恐れがなくても、水量は多く、流れが速くなっている状況です。天気が回復したエリアでも、川の水が濁っていたり、普段より水量が多いような所には近づかないようにしてください。