2016/09/24 00:03 ウェザーニュース

23日(金)9時、マリアナ諸島近海で台風17号が発生しました。今後は発達しながら西北西方面へ進み、来週前半に沖縄の南に到達する予想です。

今後の進路予想

台風17号(メーギー)の中心気圧は996hPa、最大風速は20m/s、最大瞬間風速は30m/s、15km/hの速さで西寄りに進んでいます。
※メーギー:韓国の言葉で「魚」

台風17号の発生位置は16号とほぼ同じで、太平洋高気圧の南の縁を沿うように進む予想です。
16号の接近時に比べ、高気圧が西に勢力を拡大するため、あまり北上をせず、西よりに進む可能性が高くなっています。

海水温が高いエリアを進むため、しばらくは発達を続け、25日頃には強い勢力になると予想されます。北よりに進んだ場合は先島諸島に接近する恐れがありますので、今後の進路に注意が必要です。

9月も平年を上回る発生数に

9月の台風の発生数は平年で4.8個。
台風17号の発生により今月は6個目に達し、8月に続いて9月も平年を上回る発生数となっています。
続く秋の台風シーズンも油断できません。