2016/09/22 10:43 ウェザーニュース

お彼岸が近づくにつれ、ウェザーリポートには秋の訪れを感じさせる真っ赤な彼岸花のリポートが届き始めました。田んぼの緑や金色と真っ赤な彼岸花のコントラストは、まさに一服の景色。額縁に収めたくなる景色です。

福岡県うきは市・つづら棚田

「つづら棚田の彼岸花は見頃♪♪ 数多の畔道を初秋の証で彩っています♪」

こちら、うきは市では明日までお祭りも開かれているようです。

広島県三次市・辻の彼岸花

「この群生地を維持管理されてる方にうかがうと、 このあたり一帯、元々はあぜ道にヒガンバナが咲いてはいたものの、 今のような群生地ではなかったようです。 それが栗林の林床に徐々に広がってゆき、 こまめに下草刈りなどの手入れをする事により、 現在のような景観に至ったそうです。」

中国エリア随一と言われる彼岸花の大群生が見頃を迎えています。

埼玉県日高市・巾着田

「巾着田の中では数少ない白い彼岸花を」

関東随一の彼岸花の名所といえばここ、埼玉県の巾着田。圧巻の風景が広がっています。

独特な花、彼岸花

「毎年、赤い花が咲いてから気がつくんですよね。茎があんなに伸びてるのに。」

彼岸花って、急に現れるイメージ、ありませんか。
それは彼岸花の花の独特な咲き方によるものなのです。

彼岸花は、花と葉が同時に出ることはありません。
茎だけが先ににょきにょきと伸び、その先端に花の蕾をつけます。花はちょうど夏の終わり〜秋に咲き、そして、花が終わった晩秋に葉がでてくるのです。
葉っぱがない茎の状態の時は、あまり目立ただず、花が開くと、突然存在感を増し、いきなり現れた印象をもつのだと思われます。

田んぼの畦道に咲く理由

彼岸花は、よく田んぼの畔道に咲いているのをよく見かけますが、これにはいくつかの理由があるそうです。
・彼岸花の根が土手や畔の土をギュッと固めてくれるため。
・彼岸花は毒があるため、田んぼを荒らすネズミやモグラ・虫などの被害を防ぐため。

昔の人の知恵で植えられた彼岸花ですが、これまでその風景が守られているということは、金色の稲穂を背景に咲く真っ赤な彼岸花の風景を愛おしむ心が、受け継がれてきたのでしょうね。