2016/09/24 18:18 ウェザーニュース

夕方になり、中部エリアや東北エリアでは、赤と黒のコントラストが印象的な夕焼けや、赤紫色の少し不気味な夕焼けが見られました。

青森県青森市

「夕焼けが綺麗です。」

長野県箕輪町

「久し振りの夕焼け空!
西を見ると、黒いくも、赤い雲、空なんと綺麗なのでしょう!明日は天気になりそう」

新潟県新潟市

「日が落ちてオレンジからピンク色に変わっていきます✨」

立役者は秋雨前線

夕方の時間帯は、太陽光が西の空から斜めに届くため、光がホコリや水蒸気などを含んだ大気層を長く通過します。そうすると、太陽光を構成する一つである波長の短い青い光は散乱しきってしまい、波長の長い赤い光だけが届きます。その結果、空が真っ赤に染まるのです。

さらに今日は、秋雨前線の影響で東海エリアでは雨が降り、その周辺でも空気中には水滴がたくさんある状況が続いています。
この水滴が夕日から届く赤い光を前方散乱させることで、より鮮やかに見せたためと思われます。

また、遠くに残る青空から届く青い光と夕日の赤い光が混じり合うことで紫がかった不気味な空となることもあるようです。

雨の合間に見られる印象的な夕日・夕焼け空が私達の雨の日のちょっとした鬱々とした気分を癒してくれますね。