2016/09/25 09:07 ウェザーニュース

秋雨前線の影響で、9月中旬から曇りや雨のスッキリしない空の日が多い西・東日本。
特に晴れる時間が少なかった東京でも、今日は待望の日差しが復活しています。

東京では、9月11日(日)からの日照時間は合計6.3時間。先週日曜日の18日からは、わずか6分間しかありませんでした。
これは秋雨前線が停滞して雲が広がりやすかったのが原因ですが、その前線が弱まったために、今日は日差しが復活しています。

この先、日差しは?

この先の西・東日本では、太平洋高気圧が強まり、28日(水)頃までは日差しが期待できそうです。
ただ、南から暖かく湿った空気が流れ込んで、ゲリラ雷雨が心配。

その後はまた秋雨前線が南下して、曇りや雨の日が続く可能性があります。
急な雨の心配はありますが、晴れているときに日差しの有効活用をするのがオススメです。