2016/09/27 06:24 ウェザーニュース

今朝は晴れている所が多く、気温は25℃を下回り、涼しく感じているエリアが多いようです。ただ、西日本や東日本で、昼間は夏が戻ってきたような蒸し暑さとなります。

夏の暑さ復活!熱中症に要注意

今日27日(火)は、秋雨前線が東北付近に停滞します。このため、東北は南部を中心に雨が降り、傘が手放せません。

西日本や東日本は、秋雨前線の南側に当たり、日差しが届きますが、台風17号の影響もあり湿った南風が入りやすく、太平洋側を中心に雲が広がり、午後は山沿いを中心に、にわか雨や雷雨の恐れがあります。

また、湿った南風は夏の暑さを復活させます。30℃を超える所が多く、ムシムシジメジメとした暑さです。いったん涼しくなりかけてからの暑さの復活となるため、熱中症を起こしやすくなります。水分をこまめに摂るなど対策を心がけてください。
一方、北海道は、秋雨前線の北側に当たり、秋の乾いた空気に包まれます。日差しが届いて爽やかな陽気となりそうです。ただ、十勝地方の上士幌町で4.6℃まで下がるなど、内陸エリアを中心に冷え込みました。昼夜の寒暖差が大きくなるため、体調の管理にご注意ください。

台風17号 先島諸島に最接近

大型で非常に強い台風17号が、先島諸島の南の海上を西北西に進み、現在は石垣島や西表島など八重山地方が風速25m/s以上の暴風域に入っています。先島諸島は、午前中ほど暴風と大雨に警戒が必要で、不要不急の外出は控えた方が良さそうです。

沖縄本島は、日差しの届く時間もあるものの、台風の外側の雲が通過し、突然の強い雨と強い風に注意が必要です。
また、奄美諸島から南のエリアは、明日28日(水)の午前中まで海上の高波が続き、危険です。海岸には近付かないでください。